Kararbiner-Elementsを入れたら、SHIFT + クリックが効かなくなった

最近自分のMacをmacOS Sierra (10.12) にアップデートしました。

そしたら、KarabinerSeilが正しく動作しないことがわかったので、その代わりにKarabiner-Elementsという一時的な代替ソフトを入れました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-23-17

ところがそれからすぐ、「SHIFT + クリック」や「Command + ドラッグ」などが使えないことに気付きました。

最初はmacOS Sierraの設定の問題かと思っていたのですが、ファイルの複数選択ができなかったり、拡大鏡のズーム機能が使えなかったりと、次第にKarabiner-Elementsのせいではないかと思い始めました。

結果的にはやはりKarabiner-Elementsのせいだったので、一応GitHubにバグを報告しておきました。

Karabiner-Elementsの削除方法

現状、完全にKarabiner-Elementsを停止させる方法はどうやらないようなので、強制的に削除することにしました。

まず画面右上の虫眼鏡アイコン(Spotlight)をクリックし、ターミナルを開きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-28-16

ターミナルの画面が開いたら、以下のように打ち込みます(ただし、$記号は既に表示されているので入力しないでください)。

$ sudo rm -rf /Applications/Karabiner-Elements.app

入力し終わったら、最後にエンター(改行)を押してください。すると、パスワードを求められます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-0-33-00

何を打っても何も表示されませんが、Macのパスワードを入力してエンターキーを押します。

入力を間違えた場合はControl + Cを押して再度入力し直してください。

無事に次の行に進んだら、さらに以下を入力します。

$ rm -rf /Library/Application\ Support/org.pqrs/Karabiner-Elements

最後に改行し、Macを再起動します。再起動後、SHIFT + クリックやCommand + ドラッグが無事にできるようになっていれば完了です。

ちなみに、macOS Sierraでは、今のところKarabinerとSeilが上手く動かないくらいで、あとはきちんと動いています。

私のMacは5年くらい前に購入した中古品ですが、何回もクリーンインストールしているおかげか、macOS Sierraでも快適に動いていますよ。

Mac最強テクニック全集 (100%ムックシリーズ)
晋遊舎 (2016-05-26)
売り上げランキング: 25,230