ターミナルを簡単に共有・遠隔操作できるようにする『tmate』

tmate.io

ターミナルを他の人と共有する方法ないかなと思って探してみたら、超便利なツールを見つけた。

tmate – Instant terminal sharing

ただなぜか起動時にlookupに失敗するので、nslookup ssh.tmate.ioでIPアドレスを調べて/etc/hostsに書いておく必要があるっぽい。

$ sudo vi /etc/hosts

127.0.0.1   localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1             localhost 
fe80::1%lo0 localhost

# ...

46.101.84.153 ssh.tmate.io # ← これを追記

使い方は、まずtmateをインストールする。Macの場合は以下。

$ brew install tmate

そして前述のように/etc/hostsに追記をして、tmateを起動。

$ tmate

そしたらtmux(のフォーク)が起動して、画面最下部にssh xxx@ln2.tmate.ioと表示されるので、これをメモ。

tmateのスクリーンショット

あとはこのssh xxx@ln2.tmate.ioを別のLinux/UNIXから入力するだけ。

これで簡単に誰かにリアルタイムでターミナルを見せたり、ローカル環境を遠隔操作したりできるので、凄い便利。

どういう仕組みで動いてるか気になるなぁ。C言語で書かれてるっぽいから暇な時に読んでみよう。

tmate-io/tmate